外資系コンサルティングファームへの転職 その魅力とは?

column

外資系コンサルティングファームへの転職 その魅力とは?

外資系コンサルティングファームは、数ある外資系企業の中でも花形です。ブランド性、キャリアチャンス、年収、どれをとっても非常に優れており、実際の業務内容もクロスボーダー・グローバルビジネスに携わるものばかりで、非常にやり甲斐があります。海外出張のチャンスも豊富ですから、英語を活かせる場面も多くあります。
知名度も高く、ボストンコンサルティンググループやマッキンゼーなどは、皆さんも一度くらいは聞いたことがあるかと思います。

では、具体的にどういった点が魅力なのでしょうか?

若手でも企業経営の中枢に関わることができる

経営コンサルタントは、企業の経営課題を解決する仕事です。
たとえ若手であっても、全社戦略・事業戦略の立案や中長期計画の策定、新規事業開発、組織開発や人事戦略、IT戦略の立案などに携わることが出来ます。クライアントの代表取締役と1on1で企業経営について議論する際は大変な満足感を味わう事が出来、まさに経営コンサルタントの醍醐味と言えます。

様々な企業の経営課題を知ることが出来る

コンサルタントは、プロジェクトごとに様々なクライアントのお世話をします。どの企業もそれぞれ独自の製品を取り扱っていますし、十人十色の様々な経営課題を持っています。そういった経営課題に短期間で次々と取り組んでいくことになるため、様々な企業の経営実務を覗くことが出来るという点は、コンサルタントの大きな魅力でしょう。好奇心旺盛で飽きっぽい方や、短期でインパクトのある打ち手を出すことが好きな方にはうってつけと言えます。

グローバルビジネスに携われる

外資系コンサルティングファームに依頼するクライアントは、海外拠点を複数持つ超一流のグローバル企業ばかりです。当然、海外進出や海外拠点設立などに携わるチャンスも多く、グローバルに働きたい人、英語力を活かしたい方には大変魅力的な職場と言えるでしょう。

スピーディに成長出来る

外資系コンサルティングファームは厳しい職場で有名ですが、その分、成長も早いです。
事業会社では一週間で作成を求められるようなレポートが、経営コンサルタントの実務の現場では24時間以内や12時間以内、場合によっては6時間以内で作成を求められることもあります。かといって、クライアントに提出する資料である以上、質を落とすことも許されません。そういった状況が毎日続きますから、調査能力や思考力、資料作成能力は凄まじい速度で伸びていきます。厳しい分、若い内に急激な成長を遂げたいと考えている方には、うってつけの職場と言えます。

キャリアの幅が広がる

一般的に言って、経営コンサルタントは転職が容易です。常に企業経営の上流部分に携わるため、ビジネス知識が豊富に身につきますから、優秀な人材として様々な企業から歓迎されます。転職しうるポジションも幅広く、経営企画、経営管理、新規事業開といった企画系ポジションはもちろん、社内業務改善担当やビジネスディベロップメント、CFOやCOO、場合によっては「社長」に転職することもあります。

起業しやすい

様々な企業の経営課題を見て回れますので、企業経営の予行練習になります。複数の業界・業種に触れられますから、中で自分なりのビジネスシードを想いつくチャンスも豊富と言えます。経営に興味のある人間との付き合いが増えますから、起業時のパートナーに巡り会える可能性も高いでしょう。実際、アクセンチュアは出身者に起業家が多いことでも有名です。

高年収

高年収という点も見逃せません。
外資系コンサルティングファームであれば新卒1年目でも5〜600万円以上の年収を期待出来ます。その後、順調にステップアップしていければ数千万円台の年収を狙うことも可能です。これは事業会社の役員の給与をも上回る数字ですから、相当な高年収と言えるでしょう。

上記の各点が、近年外資系コンサルティングファームへの転職希望者が増えている原因です。若手の内にコンサルティングファームでの勤務を経験しておけば、キャリア人生上、極めて有利になることは間違いありません。

以下、外資系コンサルティングファームの求人を御案内致しますので、是非ご覧頂ければと思います。
また、より詳しくコンサルティングファームの業務内容を知りたいという方のために、個別のキャリア相談会も実施しておりますからお気軽にご利用ください


ページトップへ

お問い合わせ、ご相談はこちらから。すべて無料となっております。

Copyright (c) movin CO .,Ltd. All rights reserved.